Asahi Dental Clinic
朝日歯科診療所

HOME

お子さんの歯は元気ですか?

質問
はえたばかりの歯はムシ歯になりやすいというのは本当ですか?
回答
 はえたばかりの歯は、歯の表面が完成していなくてやわらかく、酸に溶けやすい性質があります。表面が固くなるまで1年ほどかかりますので、この時期のムシ歯予防が大切です。
このページの先頭に戻ります
質問
シーラントをすればムシ歯になりませんか?
回答
 はえたばかりの歯の溝に樹脂をうめる予防方法がシーラントです。しかし、歯と歯の間や、歯と歯肉の接しているところはムシ歯になりやすく、ハブラシや、フッ素を塗るなどの予防方法が大切です。
このページの先頭に戻ります
質問
乳歯に金属冠をかぶせても永久歯のはえ変わりは大丈夫ですか?
回答
 大丈夫です。乳歯の根の吸収は正常に行なわれて、永久歯がきれいにはえてきます。
このページの先頭に戻ります
質問
乳歯の前歯が溶けてきたようですが?
回答
 哺乳ビンにジュースや乳酸飲料を入れて与えると、歯の表面にムシ歯ができて溶けたようになります。哺乳ビンのダラダラ与えはいけません。
このページの先頭に戻ります
質問
 
乳歯のムシ歯が大きすぎて早期に抜けてしまいました。永久歯のはえ変わりに悪い影響があるでしょうか?
回答
 正しい順番にはえ変わらず、乳歯が早期に抜けると、永久歯の歯ならびが悪くなることがあります。歯ならびの予防法もありますので、歯医者さんに相談してみましょう。
このページの先頭に戻ります
質問
3歳で急にムシ歯が増えたように思うのですが?
回答
 小さなムシ歯が進行して、この時期になるとちょうど大きくなり目立ってきます。早期発見、早期治療が大切で、定期検診を受けましょう。
このページの先頭に戻ります
質問
ハミガキをいやがります。押さえつけてまでやってよいでしょうか?
回答
 押さえつけてまでハミガキをする必要はありません。ハブラシをおもちゃにして遊ぶことから始めて、生活習慣の一部にしたいものです。また、食生活でのムシ歯予防を心がけましょう。
このページの先頭に戻ります
質問
指しゃぶりがひどいのですが?
回答
 3歳くらいまでの指しゃぶりは問題ありませんが、5〜6歳になってもやめない時は、あごの成長や歯ならびに悪い影響を与えます。お母さんが指をつかんで添寝をしてあげるなど、徐々にやめるようにして、決して怒ってはいけません。
このページの先頭に戻ります
質問
 
小学生の子ですが、転んで前歯が抜け落ちてしまいました。どうしたらよいでしょうか?
回答
 自分の歯であれば、再び抜けたところに植えこむことができます。抜けた歯は清潔な水、または牛乳等に入れて、1分でも早く歯科医院へ持って行きましょう。
このページの先頭に戻ります

電子メールでのご相談・ご質問を随時受け付けています。

電子メール

HOME | 診療所案内 | 理事長あいさつ | お子さんの歯は元気ですか? | Q&A | リンク