Asahi Dental Clinic
朝日歯科診療所

HOME

ハブラシとハミガキ剤について

質問
どんなハブラシが使いやすいのですか?
回答
 基本は自分が使いやすい(持ちやすい)単純な形のものを選び、それを上手に使いこなすことが大切です。一般的に以下のようなものがよいと言われています。

  柄がまっすぐ
  植毛部が3列で小さめ
  毛束の間があいている
  毛足が10ミリくらいまで
  ナイロン製で普通の固さ
  歯に当たった感じが柔らかくコシがある
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
ハミガキ剤は何からできているのですか?
回答
 ハミガキ剤は次のような成分などからできています。

  [研磨剤] 歯垢や食べかすを削って取り除くための成分
  [香味剤] 香りや甘みを持たせるための成分
  [界面活性剤] 汚れを落とす成分
  [保湿剤] ハミガキ剤が乾燥しないようにする成分
  [発泡剤] 泡立てるための成分
  [薬効成分] フッ素やキシリトールなど歯の質を高める成分
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
ハミガキ剤は必要ですか?
回答
 様々なハミガキ剤が市販されてますが、基本はブラッシングでていねいに歯垢を取り除くことです。何もつけずに磨いても歯垢は取れますが、口臭や歯の汚れの除去には必要になる場合があります。
 ハミガキ剤をたくさんつけすぎると、歯を磨く時間が短くなる傾向があります。それは、発泡剤の影響で早く口の中が泡で一杯になってしまったり、香味剤などの清涼感で完全に磨き終わっていないのにきれいになったように勘違いしてしまうためです。あまりつけ過ぎないように注意しましょう。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります

電子メールでのご相談・ご質問を随時受け付けています。

電子メール

HOME | 診療所案内 | 理事長あいさつ | お子さんの歯は元気ですか? | Q&A | リンク