Asahi Dental Clinic
朝日歯科診療所

HOME

ハミガキについて

質問
毎日磨いているのに、どうしてムシ歯になるのですか?
回答
 ムシ歯を予防するには、ブラッシングで歯垢を取り除かなければいけません。単に歯を磨いているだけでは、うまく歯垢が取れていない場合があります。ハブラシの使い方が重要なポイントになりますので、歯医者さんで正しい磨き方を指導してもらいましょう。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
いつ磨けば一番効果があるのですか?
回答
 ムシ歯菌は食べカスを餌にしていますから、食後に磨くのが一番効果があります。歯垢は食べた後2〜3分もたつとでき始めますので、できるだけすぐに磨くことをお勧めします。もちろん、おやつを食べた後にもハミガキは必要です。
 また、日中は唾液によって口の中が洗い流されているわけですが、寝ている間は、食べたり飲んだり話したりしないので、唾液がほとんど出てきません。そのため、歯垢は寝ている間に一番増えてしまいますから、寝る前のハミガキは大変重要なのです。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
歯をみがくと歯ぐきから出血するのですが
回答
 出血するのは歯周病の兆候でもあります。歯周病になると、歯を支えている部分が溶かされて出血しやすくなります。出血に気づいたら、その部分をていねいにみがくようにしましょう。ていねいにみがいていれば、1〜2週間で出血はなくなります。それでも心配な時は、歯医者さんで検査してもらいましょう。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
キシリトールガムを噛めばハミガキをしなくてもいいのですか?
回答
 キシリトールは苺やほうれん草などにも含まれる天然の甘味料です。カロリーは砂糖の75%ほどです。工業的には白樺や樫の木などの樹液から化学的に抽出されます。あまり摂り過ぎると下痢をするといわれていますが、WHOより安全性を認められています。
 ムシ歯菌はキシリトールを食べても、歯を溶かす酸を作ることができません。また、キシリトールはムシ歯菌そのものの活動を抑制する働きや、歯垢の粘度を低下させる働きもあります。
 ハミガキの前にキシリトールガムを噛むと効果があるようです。しかし、あくまでもムシ歯予防の基本はブラッシングですので、ハミガキを忘れてはいけません。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります

電子メールでのご相談・ご質問を随時受け付けています。

電子メール

HOME | 診療所案内 | 理事長あいさつ | お子さんの歯は元気ですか? | Q&A | リンク