Asahi Dental Clinic
朝日歯科診療所

HOME

知覚過敏について

質問
知覚過敏って何ですか?
回答
 ムシ歯がないのにもかかわらず、歯が凍みるように痛い状態を言います。歯ぐきが下がって歯の根の表面が少し露出しているところに、冷たいものを飲んだ時の刺激や、ハミガキの際のハブラシの刺激などが加わる事により、痛みを感じます。歯の磨き方が悪いのも原因の一つと言われています。体調によっても、痛かったり痛くなかったりします。このように、歯周疾患からくる知覚過敏のことを特に、
  象牙質知覚過敏症(ぞうげしつちかくかびんしょう)
とよびます。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
知覚過敏は治りますか?
回答
 知覚を鈍くする薬をつけたり、レーザーを照射したりして感受性を弱くする方法を試みます。ほとんどの場合はよくなりますが、程度のひどい場合は神経を取らなければならないこともあります。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります
質問
知覚過敏の治療法はどんなものがあるのですか?
回答
 残念ながら、象牙質知覚過敏症に対しては、決定的な治療法はありません。歯の表面をコーティングしたり、レーザーを照射する治療方法もありますが、基本は、毎日のていねいなブラッシングで、口の中を清潔に保つことです。口の中が清潔だと、歯の再石灰化により、象牙質の表面が修復されます。ただし、研磨剤入りのハミガキ剤を使うと、せっかく再石灰化された表面が削り取られてしまうため、研磨剤を含まないハミガキ剤を勧める場合もあります。
Q&Aの最初のページへ戻りますこのページの先頭に戻ります

電子メールでのご相談・ご質問を随時受け付けています。

電子メール

HOME | 診療所案内 | 理事長あいさつ | お子さんの歯は元気ですか? | Q&A | リンク