不正咬合は分類すると次のようになります。

叢 生
そうせい

乱杭歯・八重歯

上顎前突
じょうがくぜんとつ

上の歯が前に出た状態
出っ歯

下顎前突
かがくぜんとつ

下の歯が前に出た状態
反対咬合・受け口

開 咬
かいこう

上下の歯が咬み合わない状態

過蓋咬合
かがいこうごう

噛み合わせが深い状態

交叉咬合(下顎偏位)
こうさこうごう
(かがくへんい)

普通、上の歯が下の歯を覆うが、それが反対になった状態

歯並びの不正、噛み合わせの不正には様々な悪影響があります。虫歯になりやすいのは、磨きにくい状態であるからですし、歯肉も不潔になりやすく、腫れる部分も現れやすいと言うことです。もう1つは、本人が口を閉じるために無意識に筋肉を緊張させているということです。

E-mailにての質問・相談等 随時受付中



Produced by Masafumi Harada
For any comments and/or questions,
please E-mail to CASA-ATELIR-HARADA@ahmic21.np.jp