WHICH ー どれ

 

1993年    水彩   画用紙  
33×24

歯を磨くコツは、どこにプラーク(歯垢)が付きやすいかを知りその部分を注意して磨くことです。
例えば、歯と歯肉の境目、歯の溝、歯と歯の間、矯正治療している人
は、装置の周り、針金の下このような部分に付きやすく、また磨きにくい場所なのです。


Produced by Masafumi Harada
For any comments and/or questions,
please E-mail to CASA-ATELIR-HARADA@ahmic21.np.jp