ゾウ
アレルギー性鼻炎


ゾウ アレルギー性鼻炎の症状は?

発作的に連発する、くしゃみ、鼻水、鼻づまり───アレルギー性鼻炎の3大症状です。
さらに目やのどのかゆみ、頭重感、イライラなどの症状がでることもあり日常生活に大きな影響を及ぼします。

ゾウ なぜ起こるのですか?

鼻には空気と一緒にいろいろな物質が入ってきます。
ある特定の物質(抗原と言います)が体内に入ると、それを排除しようとする防御体制ができてきます。
そしてその抗原が再び入ってくると、鼻の粘膜で抗原抗体反応が起こりヒスタミンなどの物質が放出されます。
これらヒスタミンなどの刺激によって、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー反応が引き起こされます。

ゾウ 原因をつきとめる

アレルギー性鼻炎の原因となる抗原はたくさんあります。
次の表は花粉症を引き起こすシラカバ、イネ科(カモガヤ、チモシーなど)、ヨモギの旭川での花粉飛散時期を示したものです。(当院測定)
シラカバ花粉 4月下旬〜6月上旬
イネ科花粉 5月中旬〜8月下旬
ヨモギ花粉 8月中旬〜9月中旬

シラカバ
シラカバ

カモガヤ
カモガヤ(イネ科)

オオアワガエリ
オオアワガエリ(イネ科)


特定の時期にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等の症状が出るようなら、これらの花粉症が疑われます。
特に最近はシラカバ花粉症が多くなっています。
また季節に関係なく症状がずっと出ているようならダニ、ハウスダストなどが考えられます。
いつ、どんな時に症状が起こるかを参考に血液中の抗体価を調べて原因をつきとめます。そして早目に対策を立てることが必要です。

ゾウ アレルギー性鼻炎の予防・治療

(1)花粉症の場合

花粉からの回避
風が強く晴天で空気が乾燥した日や、雨上がりの翌日で天気が良い日に花粉は多く飛びます。
このような日には次の点に気をつけましょう。
 ・可能ならば外出をひかえる。
 ・やむをえず外出する時にはメガネやマスクを着用する。
 ・帰宅時には玄関先で服や髪についた花粉を落とし、うがい、洗顔、鼻をかむ。
 ・なるべく窓を閉めて花粉を家の中に入れない。
 ・洗濯物や布団の取り込みは花粉をよく落としてから。
過労やストレスを避け、十分な睡眠を
予防薬の服用
アレルギー症状を抑える「抗アレルギー剤」は1〜2週間後にその効果が発揮されます。
したがって原因花粉が飛び始める1〜2週間前から服用すると、より大きな治療効果が期待できます。
旭川での予防薬服用開始の目安は次のとおりです。
シラカバ花粉症 4月中旬頃
イネ科花粉症 5月初旬頃
ヨモギ花粉症 8月初旬頃

(2)通年性(ダニ、ハウスダストなど)の場合

ダニ、ハウスダストの除去
・居間、寝室など頻繁に使用する部屋はできるだけ毎日掃除を。
・ジュウタン、畳をやめ、できればフローリングに。
・防ダニの布団を使用。
・布団、枕などにも防ダニのカバーをかける。
・使用している布団、毛布などの寝具類は1週間に1回は掃除機をかける。
 専用のノズルをつけて、1平方メートルにつき20秒以上の時間をかけてていねいに。
・晴れた日はできるだけ毎日布団、毛布などの寝具類をよく日光にあて乾燥させる。
・衣類の乾燥機はダニ駆除率が高く効果的。
体に抵抗力をつける
・風邪をひかない。
・バランスのとれた食生活。
・十分な睡眠をとる。
・過労やストレスをつくらない。
・皮膚の鍛練、適度なスポーツ。
症状にあったアレルギー薬の使用
アレルギー症状を抑える薬剤にはいろいろな種類があります。
<抗ヒスタミン剤>
即効性があり、ひどいくしゃみや鼻水にはよく効きます。
ただし人によっては”眠気”が出るかも知れません。
<抗アレルギー剤>
このお薬は”眠気”が少なく、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効きます。
しかし効きが少し遅く、1〜2週間後に最高の効果が発揮されます。
予防薬ともいわれ、現在多くの種類があります。
薬効にはそれぞれ特長があり、アレルギー症状の程度によって使い分けられています。
<ステロイド点鼻薬>
鼻粘膜の浮腫を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに優れた効果を示します。
効果も比較的早く現れますので、抗アレルギー剤の経口薬と併用することで症状はかなり抑えられます。
鼻内に噴霧しますので、副作用もほとんど問題ありません。
<抗アレルギー剤の点鼻薬>
症状が比較的軽度の人、経口薬では眠気が強く出る人など様々なタイプの人に使われます。
<血管収縮点鼻薬>
血管を収縮させ鼻づまりをなくすお薬です。
しかし長期間頻繁に使用するとかえって慢性的な鼻づまりを引き起こすことがあり、連用は勧められません。
短期間使用することは差し支えありません。

快適な毎日をお過ごしください。

当院では毎年花粉の飛散状況を測定し、院内に掲示しております。
ご利用ください。
このホームページでもご覧いただけます。


Back 花粉飛散割合
Next 当院のご紹介

Home